無料法律相談お申込みはこちら
個人再生相談 > よくある質問 > 70 住宅ローンでかき揚げて多く借入れをしましたが,自宅を残せますか

70 住宅ローンでかき揚げて多く借入れをしましたが,自宅を残せますか

 

 住宅ローンを組む際,一戸建ての場合,土地建物の代金,マンションの場合,マンションの代金を支払うための金額を銀行から借り入れることになります。

 また,不動産を取得する場合,土地建物,マンションの本体価格だけではなく,諸費用として,登録免許税,司法書士手数料,登録免許税,中古不動産の場合,不動産会社の仲介手数料が発生します。

 かかる諸費用について,住宅ローン,諸費用ローンとして借り入れることもあります。

 加えて,中古の不動産であれば,購入してからのリフォーム費用が発生することもあり,リフォーム費用も諸費用ローンとして借り入れることもあります。

 以上の内容であれば,個人再生手続きを行う際,住宅資金特別条項という,住宅を残して個人再生を行うことが可能です。

 しかしながら,住宅ローンを組む段階で,消費者金融からの借入が残っており,通常であればローンが組めない状況であるため,住宅の本体価格に上乗せして,消費者金融への支払分を借り入れる方も中にはおられます。

 このような借入れについて,住宅ローンとして借り入れた金額のうちに,住宅ローン以外の支払いである消費者金融への支払分が含まれていることになりますので,法律が定める住宅ローンの条件を満たさないことになってしまい,個人再生手続きで自宅を残すことができなくなります

 
メールで相談

上に戻る