無料法律相談お申込みはこちら
個人再生相談 > よくある質問 > 62 住宅を残して個人再生ができるのですか

62 住宅を残して個人再生ができるのですか

 

 住宅ローンのある自宅を残して,その他の債務を圧縮するという形で個人再生の手続を行うことが可能です。

 住宅ローン以外の借入れが増えて支払いができなくなってしまった場合,自己破産の手続を選択すると,自宅を処分されてしまいます。

 これに対し,個人再生の手続きを採れば,自宅を残すことができるのです。

 ただし,この場合,住宅ローンについては支払いを継続する必要があるため,収入から住宅ローンの支払い,生活費の支払いを行った後,個人再生での支払いを継続できることが条件になってきます。

 
メールで相談

上に戻る