無料法律相談お申込みはこちら
個人再生相談 > よくある質問 > 34 5000万円の要件とはなんですか

34 5000万円の要件とはなんですか

 

 個人再生を行う場合,住宅ローンを除いた債務総額が5000万円以下であるということが法律上の条件になっています

 5000万円には,借入れの元金のみではなく,利息,遅延損害金も含んでの5000万円になります

 一般のサラリーマンの方で,住宅ローンを除いての借入れが5000万円を超えるケースというのは特殊な事情がない限り,ありません。

 これに対し,自営で事業をしている場合,事業資金の借入れであれば,数千万円の借り入れというのは普通にあることですので,元金,利息,遅延損害金を加えて,5000万円を超えないのかを確認する必要があります。

 また,現在,サラリーマンであっても,昔,事業をしており,そのときの借入れが多く残っているような場合も注意が必要です。

 特に,事業資金として,数千万借入れをして,返済ができない状態になった場合,放置しておくと,高額の遅延損害金が発生する可能性があり,5000万円を超えてしまう可能性があります。

 

 
メールで相談

上に戻る