無料法律相談お申込みはこちら
個人再生相談 > よくある質問 > 11 給料明細について,同居の親,子の分も必要でしょうか

11 給料明細について,同居の親,子の分も必要でしょうか

 

 個人再生を申し立てるにあたって,同居されている親や子の給料明細が必要になります。

 個人再生申立書の一部として,家計収支表というものを作成する必要があります。

 家計収支表の作成上,同居の家族全員の収入を把握する必要があります。これは,2世帯住宅で,親子が同居しているが,家計を全く別にやりくりしているような場合であっても,同居の家族に該当しますので,収入を把握する必要があるのです。

 そして,単に収入の金額を裁判所に報告するだけでは足りず,その裏付けとなる給料明細のコピーを付けて,裁判所へ提出する必要があるのです。

 個人再生申立書で求められる家計収支表は,申立ての直近2ヶ月分になります。そのため,直近2ヶ月分の同居の家族の給料明細を提出するということになります。

 ちなみに,同居の母が専業主婦で働いていないなど,無職者については,収入がないため,当然,給料明細という話は出てきません。

 また,同居の親が年金を受給している場合,年金の受給金額を把握する必要があり,受給金額の裏付けがいるということは,給料と同じ話になります。

 
メールで相談

上に戻る